読書の時間

カタチのない幸せ

荻原浩「幸せになる百通りの方法」

「幸せ」って一体どういうこと?どうなれば幸せなの?

この本には「こうすれば幸せになれます」といった内容が書かれているわけではない。

原発,オレオレ詐欺,お見合いパーティ,リストラなど,日常の中での誰にでも起こりうる非日常な部分に光をあてて,私たちに「幸せ」が何かを伝えてくれています。その非日常の中においても,家族,恋人,友だちとの対話があり,人と人との出会いがある。

さて,「幸せになる百通りの方法」でのお話で強烈な印象を放っているのが,オレオレ詐欺を扱った「俺だよ,俺。」です。
親心を狙った卑劣な詐欺は,現在でも様々な形で存在しています。もちろん,本当に悪いのは,騙す人に決まってます。しかし,騙される方が悪いと言われる世の中で,私たちは,被害者にならないようにどのように注意すべきか。。。

ここで描かれているのが「大阪のオカン」。
いやぁ〜。。強烈ですね。。。

オレオレ詐欺の中でも警戒されている「大阪のオカン」,それは,踏み込んではいけない領域のようです。
なぜかって,詐欺師がオカンのテンポに巻き込まれるから。

「ご理解もなにも、うちの裕太、いまそこのソファでテレビ見て、屁ぇこいてますけど」(p.78)

98万円の振込を請求されたオカンは・・・
「ああぁ、智晴・・・・・・でも、ほんまにないんです。そないな大金。五〇万にまかりませんか」(p.80)

・・・と値切りの交渉を試みる。
が,最後には,オカンは子育て論を詐欺師にガツーン。

「金でなんぼでも解決できる、あの子がそう思うたら、ここまで育ててきた私の負け。ようわかりました。刑務所なりなんなり、入れてもうてください。[…]* 尻が触りたかったら、お母ちゃんの触っとけって」(p.81)*[…]は省略部分

などなど,大阪のオカンは,詐欺に引っかかるどころか,最後にはしっかりと笑いを持ってくる。
上記以外にも,オカンの華麗なる対応が描かれています。

笑いを誘いながら息子のなりすましに惑わされない。
こんなことができるのも,家族,また母親と息子とのつながりがしっかりとあるから。家族や親子のつながりは,家庭によって様々です。
「俺だよ,俺。」で描かれている「オカンと息子」の関係は,べったりということはなく,むしろはドライな感じです。しかし,そのドライな関係の中にオカンの思いがつまっていて,そばに居ても離れて暮らしていても息子のことをしっかりと見ています。

忙しくて心に余裕がない時,落ち込んだ時・・・そんなときには,家族に電話してみるのも良いかもしれないですね☘

「はよ,帰っといで」

きっと,ここで描かれたオカンたちだったら,そんな風に声を掛けるんでしょうね☺

この本は,忙しい毎日の中で「幸せ」がなんなのか分からなくなる私たちに,「カタチのない幸せ」の存在に気付かせてくれる一冊です☘

荻原浩「幸せになる百通りの方法」

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

幸せになる百通りの方法 (文春文庫) [ 荻原 浩 ]
価格:594円(税込、送料無料) (2019/3/27時点)





1 Star (1 いいね!votes, average: 1.00 out of 1)
読み込み中...

30代,ロシア語と英語を勉強中。 小さなこころみを重ねて進めていきます☘ ウラル大学,モスクワ言語大学に留学していました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です